意味は英語で串!チェスのスキュアについて

チェスにおいてスキュアとは、直線で動ける駒であるクイーン、ルーク、ビショップのいずれかで相手の二駒を串で指すかのごとく狙う攻撃方法のことで、ピンとよく似ていますがそれら二つの違いは、狙っている二駒のうち後ろ側(間接的に狙われている駒)の方が価値が高い場合ピン、前側(直接狙われている駒)の方が価値が高い場合がスキュアと呼ばれます。この二つは駒の動き方ではなく駒の配置状態の名前となります。

ちなみにスキュア(skewer)とは串の英名で、バーベキューなどで刺してるあれです。また「串で刺す」という動詞としての意味もあります。将棋の「田楽刺し」とネーミングセンスが同じあたりは日本人も欧米人も考えることは一緒なんですね。

スポンサーリンク

スキュアの効果

スキュアは直接狙っている前側の駒ではなく間接的に狙っている後ろ側の駒を狙う攻撃方法です。スキュアされてしまったプレイヤーは前側の駒の方が価値が高いため「取られては困る」と逃げますが、その代わりに後ろ側にいる駒を取られてしまいます。同じように見えるピンの場合は前側の駒の動きの制限が目的でしたのでここが大きな違いとなってきます。

スキュアの種類

スキュアには大きく分けて絶対スキュア(absolute skewer)と相対スキュア(relative skewer)の2種類に大別されます。

絶対スキュア

skewer004

スキュアにより直接的に狙われている駒がキングの場合を絶対スキュアと言います。この場合直接狙われているキングは逃げるしかありませんので後方の駒は”絶対”に取られてしまいます。

相対スキュア

skewer005

スキュアにより直接的に狙われている駒がキング以外の場合を相対スキュアと言います。絶対スキュアとは違い直接狙われている前の駒は逃げる必要性はありませんが、逃げなければ後ろの駒よりも価値の高い前側の駒を取られてしまいます。

具体例

具体例を挙げてみましょう。1989年に行われたナイジェル・ショート(Nigel Short)とラファエル・バガニアン(Rafael Vaganian)のグランドマスター同士の試合で表れた形です。簡潔に説明するためスキュアに関わる駒以外を排除し必要な駒のみを表示しています。

skewer001
白がビショップをe5に移動させてサクリファイス(将棋で言う捨て駒)をしたところです。このビショップを取らずにキングが逃げた場合はスキュアとなりますが、普通は取るので一般にこの場合はサクリファイスという状態です。

skewer002
黒はこれを取らなければ後ろのクイーンが取られてしまうのでビショップをキングで取るしかありませんが、次の一手が白の狙いです。

skewer003
クイーンでスキュアが決まりました。絶対スキュアなので黒はキングを逃げるしかありませんが代償としてクイーンを取られてしまいました。結果的にビショップとクイーンの交換となったため白が大きく優勢を築けました。

やきとりテクニック: 名店に学ぶ、おいしさを作り出す理論と実践

池川 義輝,永沼 巧 誠文堂新光社 2016-03-03
売り上げランキング : 94215

by ヨメレバ