第2期将棋電王戦 第1局佐藤天彦名人・叡王対PONANZA電王の棋譜と評価値推移

2017年4月1日に行われた第二期電王戦二番勝負より、佐藤天彦名人・叡王とコンピューター将棋ソフトのponanzaの第一局目の棋譜です。

棋譜解析には技巧2(ver.2.02)を、1手あたり20秒、定跡は20手目まで、読みの深さ100に設定して行っています。

注:検討時のソフトの思考時間を1手20秒としていますので、より長時間の思考時間での検討の場合と局面評価が大きく異なる可能性があります。また疑問手や敗着なども同様です。

スポンサーリンク

棋譜

・評価値の見方
評価値がプラスの場合は先手有利、マイナスの場合は後手有利。
数値目安として±200程度までなら互角、500程度までなら有利、1000程度までなら優勢、それを超えると勝勢。
参考までに角落ちの初期局面が800、2枚落ち初期局面が2000ほどです。

2017年4月1日 午前10時対局開始
棋戦:第二期電王戦
対局会場:栃木・日光東照宮
手合割:平手
持ち時間:5時間
先手:PONANZA
後手:佐藤天彦 名人・叡王
戦型:相掛かり

手番 指手 評価値
1 ▲3八金(49) 0
2 △8四歩(83) 0
3 ▲7八金(69) -48
4 △3二金(41) 0
5 ▲2六歩(27) -44
6 △8五歩(84) 0
7 ▲2五歩(26) 27
8 △7二銀(71) 0
9 ▲5八玉(59) 42
10 △1四歩(13) 0
11 ▲4八銀(39) 67
12 △7四歩(73) 0
13 ▲2四歩(25) 41
14 △同 歩(23) 0
15 ▲同 飛(28) 65
16 △7三銀(72) 0
17 ▲2八飛(24) 63
18 △2三歩打 0
19 ▲3六歩(37) 0
20 △8六歩(85) 0
21 ▲同 歩(87) 41
22 △同 飛(82) 0
23 ▲8七歩打 32
24 △3六飛(86) 55
25 ▲3七銀(48) 27
26 △3五飛(36) 45
27 ▲4六銀(37) 54
28 △8五飛(35) 43
29 ▲3七桂(29) 29
30 △6四銀(73) 92
31 ▲7六歩(77) 87
32 △5二玉(51) 51
33 ▲9六歩(97) 56
34 △9四歩(93) 0
35 ▲6八銀(79) 104
36 △3四歩(33) 114
37 ▲2二角成(88) 114
38 △同 銀(31) 88
39 ▲6六歩(67) 157
40 △8四飛(85) 160
41 ▲6七銀(68) 133
42 △7五歩(74) 106
43 ▲同 歩(76) 148
44 △9五歩(94) 201
45 ▲同 歩(96) 196
46 △9七歩打 283
47 ▲6五歩(66) 265
48 △7三銀(64) 328
49 ▲9七香(99) 327
50 △9八角打 248
51 ▲2九飛(28) 448
52 △8八歩打 445
53 ▲7四歩(75) 684
54 △同 銀(73) 791
55 ▲7七桂(89) 777
56 △8九角成(98) 807
57 ▲6六角打 853
58 △8二飛(84) 796
59 ▲7五歩打 1229
60 △7六歩打 1272
61 ▲7四歩(75) 1463
62 △7七歩成(76) 1430
63 ▲同 金(78) 1350
64 △9八馬(89) 1314
65 ▲5五角(66) 2115
66 △8四飛(82) 2128
67 ▲7五銀打 2304
68 △8三飛(84) 2376
69 ▲9一角成(55) 2537
70 △8七馬(98) 2534
71 ▲5五馬(91) 2546

後手投了


終局図

悪手・疑問手

・先手 ponanza
なし

・後手 佐藤天彦名人・叡王
なし

・敗着
不明

対局者プロフィール

それぞれ対局時のものです。

・佐藤天彦名人・叡王
年齢:29歳
段位:九段
出身地:福岡県福岡市
プロ入り年月日:2006年10月1日
タイトル獲得合計1期
一般棋戦優勝回数3回
順位戦A級(名人在位中)

昼食:日光埋蔵金弁当
夕食:おにぎりセット

・ponanza
開発者:山本一成(HEROZ所属)
第21回世界コンピュータ将棋選手権5位(2011年)
第22回世界コンピュータ将棋選手権4位(2012年)
第23回世界コンピュータ将棋選手権準優勝(2013年)
第24回世界コンピュータ将棋選手権準優勝(2014年)
第25回世界コンピュータ将棋選手権優勝(2015年)
第26回世界コンピュータ将棋選手権優勝(2016年)
第1回将棋電王トーナメント優勝(2013年)
第2回将棋電王トーナメント準優勝(2014年)
第3回将棋電王トーナメント優勝(2015年)
第4回将棋電王トーナメント優勝(2016年)
初登場は2009年の第19回世界コンピュータ将棋選手権