無料のチェス対局サイトlichess.orgの使い方を解説

Chess.comと並んで有名なlichess.orgというサイトについて解説します。

日本人が使うオンラインのチェス対局サイトとして多いのがChess.comとlichess.orgの二つです。

なぜこれらが人気かというと、どちらも世界中にユーザー数が多くいるのでいつでも対局できるのに加え、日本語に対応しているため子供から英語の苦手な大人まで誰でも利用しやすいからです。

ではlichess.orgというのはどのようなサイトなのでしょうか?

このページでは大まかな使い方を解説いたします。



こちらの記事もオススメです

lichess.orgとは

概要

lichess.orgはChess.comに次いで世界で2番目に利用者の多いチェスサイトです。

運営は非営利団体で、寄付のみによって成り立っているため、すべての機能を無料で利用できる上に広告などはありません。

そのためサイトの作りなどはかなりシンプルです。

できること

利用者ができる主な利用方法は以下の通りです。

  • 対局(対人戦)
  • 対局(対CPU)
  • 棋譜解析
  • タクティクス問題
  • ルールの勉強
  • 他者の対局を観戦
  • ライブ配信
  • コーチを探す(コーチに支払うコーチ料はかかる)

他にも機能はたくさんありますが、基本的に利用するのは上記のようなものになると思います。

サイトの作りもトップページは対局するために訪れる人用に1クリックでマッチングができるようになっています。

Chess.comとの違い

最大のチェスサイトであるChess.comとlichess.orgを比べた場合、以下の点が異なります。

lichess.orgで対局する方法

lichess.orgでの対局方法についてです。

ここではPC画面で説明しますが、スマホからでも表示自体はほぼ同じです。

  • lichess.orgを開きます。
  • 上記画像のように持ち時間が表示されるので、対局したいルールをタップします。
  • 対戦相手が見つかるまで待ちます。
  • マッチングしたら自動的に対局が開始します。

以上で対局を開始できます。

AIと対戦したい場合には「AIと対局する」を選べば大丈夫です。

ちなみに会員登録しなくても対局できますが、会員登録することでレートによって自分の実力に近い相手と対局できるようになりますので、会員登録しての利用の方がオススメです。

関連ページ:Chess.comの使い方【まとめ記事】



チェスしたいけど相手がいないわ。日本でチェスするハードル高すぎワロタ
はっ?Chess.com使ってないの!?
何それ?
チェスの対局サイトで世界一利用者多いやつ。アメリカのサイトだけど日本語にも対応してるし、無料で好きなだけ対局できるし、チェスやってる人は大体登録してるね。元日本チャンプの小島慎也さんとか南條遼介さんとかも普通にいるよ。
説明乙。ちょっと登録してくるわ

チェスしようぜ!

Chess.comへ行く